顔の医療脱毛は、他の部位よりも回数がかかってしまいます。では、具体的に何回でどのくらい毛をなくせるのか知っていますか?この記事では、顔脱毛にかかる回数と、効果的に行うための対策について解説いたします!

顔の医療脱毛に必要な回数は?

3回~5回程度施術を受けることで、毛が少なくなるのを実感いただけます。さらに8回~10回程度施術すると、自己処理がほとんど必要なくなります。10回~15回受けることで、お肌がツルツルな状態になるでしょう。
顔は産毛が多いため、体よりも多く回数を重ねる必要があります。
あくまで目安になりますので、個人差や毛質の違いによっても回数は異なりますのでご注意ください。

顔脱毛が完了するまでどのくらいかかるの?

個人差や、どのような状態を目指すかにも違いはありますが、脱毛が終わるまでおよそ1ケ月間隔で1~1年半程通っていただく必要があります。レーザーによる負担や、毛の生え変わりのサイクルに合わせて脱毛を受けるためにも期間を空けなければなりません。そのため効果的に脱毛をするには時間がかかってしまいます。

顔脱毛が完了するまでどのくらいかかるの?

顔脱毛の回数を少なく効率的に行うには?

日焼け対策

日焼けされていると照射ができない場合があり、脱毛完了まで時間がかかってしまいます。
また、照射ができても、日焼けにより皮膚のメラニン色素が増え、レーザーの熱がお肌全体に伝わることにより通常よりも痛みが強く感じる場合がございます。そうすると、レーザーの出力を下げなくてはいけなくなり、十分な効果が得にくくなります。

日焼け対策

カミソリや毛抜きを使わない

自己処理は、電気シェーバーを使い、肌への負担を抑えましょう。
自己処理にカミソリを使用すると、肌を傷つける恐れがあります。また、毛抜きを使用すると、毛の生え変わる周期が乱れ、ターゲットとする毛にレーザーを照射できなくなります

カミソリや毛抜きを使わない

保湿ケアをしっかりする

お肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下している状態になります。
肌荒れしたお肌にレーザーを照射すると痛みを強く感じ、やけどのリスクや肌トラブルを引き起こす可能性もあります。
そのため、日頃から丁寧な保湿を心掛けるようにしましょう。

保湿をしっかりする

産毛に強い機械があるクリニックを選ぶ

お顔にはたくさんの産毛が生えています。医療脱毛のレーザーは毛の黒い色(メラニン)に反応し、熱を発生させます。熱エネルギーは毛に伝って毛根深くにある毛を生成する組織を破壊し、毛の再生を止めます。産毛はレーザーに反応しにくいため、脱毛効果を得にくいのです。
そのため、産毛にも適したレーザーが搭載された脱毛機である必要があります。

産毛に強い機械があるクリニックを選ぶ

渋谷フェミークリニックの取り組み

渋谷フェミークリニックでは、脱毛効果の高い「ショット式」のレーザー脱毛機を3種類導入しております。
患者さまによって毛質やお肌の状態などは違うため、まずは患者さまお一人おひとりに丁寧にカウンセリングしております。

顔の医療脱毛はフェミークリニックへ

美容皮膚科 渋谷フェミークリニックの医療脱毛では、患者さまお一人おひとりのお肌の状態をチェックし、毛質に合わせてプランや脱毛機器をご提案いたします。
無料でカウンセリングを行っておりますので、医療脱毛についてご不安がある方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

顔の医療脱毛は渋谷フェミークリニックへ

このページの監修医師

渋谷フェミークリニック 院長 大庭 雅子
東海大学 医学部医学科卒業後、東京慈恵会医科大学病院 皮膚科入局、その後、都内皮膚科勤務を得て渋谷フェミークリニック院長に就任。