VIO脱毛は痛い、という話はよく聞きますよね。
実際カウンセリングにいらっしゃる患者さまも「どのくらい痛いの?」「耐えられるか心配、、、。」と不安に思う方が多いです。
そこで今回は痛みの度合いや痛みを抑える方法についてご紹介いたします!

VIOの医療レーザー脱毛の痛みは耐えられない?

痛みに関しては、個人差はありますが1番痛い部位とおっしゃる方が多いです。骨や粘膜に近いため、体の中でも特に痛みを感じやすくなります。
一般的には、VIOの医療レーザー脱毛の痛みは「数本のゴムで弾かれたような痛み」と例えられます。

VIOの医療レーザー脱毛の痛みは耐えられない?

VIO脱毛の痛みの原因

VIOは毛が濃く太い部位

毛の黒い色素(メラニン色素)にレーザーを照射することで脱毛します。
その時に伝わる熱により痛みを感じます。
VIOは毛が濃く太いため、レーザーの熱が伝わりやすくなっています。

VIOは毛が濃く太い部位

色素沈着

VIOは、下着の摩擦や自己処理が原因で黒ずみができやすい部位です。
肌が黒いとレーザーが肌にも反応し、痛みが強くなる可能性があります。

色素沈着

カミソリ負け

VIOは非常にデリケートな部位になります。
カミソリで自己処理を行うと肌への負担になり、肌トラブルの原因にもなります。
肌トラブルが起きた状態でレーザーを当てると痛みが強く出たり、ひどい状態ですと照射できない可能性もあります。

カミソリ負け

生理中

生理中はホルモンバランスが乱れるため、普段より痛みを感じやすくなります。
あらかじめ生理予定日がわかっている場合は、なるべく避ける方がいいでしょう。

生理中

痛みを軽減するには

黒ずみケア

締め付けが強い下着を避け摩擦を防ぎ、低刺激のクリームなどでしっかり保湿を心掛けることが大切です。

黒ずみケア

優しく自己処理をする

自己処理をする際は、優しく丁寧に行ってください。
VIOは肌が薄いため、カミソリを使用すると肌を傷つけてしまいます。
そのため自己処理は電気シェーバーを使用することをおすすめしております。

優しく自己処理をする

医療レーザー脱毛はフェミークリニックへ

美容皮膚科 渋谷フェミークリニックでは、施術者全員が医療脱毛の経験者です。
そのため、患者さまのお気持ちに寄り添い、1ショットごとに痛みの確認をしながら照射を進めていきます。
まずは、無料でカウンセリングを行っておりますので、ご不安なことがある方はお気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛はフェミークリニックへ

このページの監修医師

渋谷フェミークリニック 院長 大庭 雅子
東海大学 医学部医学科卒業後、東京慈恵会医科大学病院 皮膚科入局、その後、都内皮膚科勤務を得て渋谷フェミークリニック院長に就任。