30代から顔脱毛を始めるべきか悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
顔の産毛以外にもシミや肝斑が気になりだした方も多いのではないでしょうか?
今回は、そのようなお顔のお悩みを抱えている方にこそ医療脱毛をおすすめする理由について解説していきます。

30代・40代でも顔脱毛をやるべき理由とは?

産毛が気になりやすくなるから

30代以降の方で「最近顔の産毛が気になる、、、」とカウンセリングでおっしゃる方が多くいらっしゃいます。
30代になると女性ホルモンは少しずつ減り始め、40代にはさらに急激に減少していきます。
そのため、ホルモンバランスが乱れ、毛が濃くなってしまうのです。
しかし一度レーザーを照射した毛穴から毛が生えることはないため、顔脱毛をすることで、産毛も気にならなくなるのでおすすめです!

産毛が気になりやすくなるから

自己処理を減らしてお肌の負担が減少

30代から、肌にハリや潤いを与える成分が減少してきます。また、皮脂量も減るためお肌は乾燥気味になってしまいます。
乾燥した肌をカミソリなどで頻繁に自己処理を行うとさらに負担がかかり、肌トラブルの原因にもなります。
医療脱毛を行うことで自己処理を減らし、肌トラブルを防ぎましょう!

カミソリで剃り続けるリスクについて1分動画でご紹介!

顔脱毛は渋谷フェミークリニックがおすすめ!

シミや肝斑があっても医療脱毛ができる

薄いシミでしたらレーザーを当てても問題ありませんが、肝斑にレーザーを当ててしまうと
悪化する恐れがあるため避けて照射します。そのため、脱毛の効果が十分に得られません。
しかし、美容皮膚科では脱毛と同時に肝斑の治療も可能です。
渋谷フェミークリニックでは、シミや肝斑がある方には飲み薬やレーザートーニングで治療をしながら、お顔の脱毛を受けていただくことができます。

シミや肝斑があっても医療脱毛ができる

後悔のない眉毛・生え際のデザイン

医療脱毛をしたところには毛が生えてきません。そのため眉毛や生え際のデザインで悩まれる方も多くいらっしゃいます。
渋谷フェミークリニックでは、患者さまの希望がなければ、眉毛ギリギリの照射は行っておりません。眉毛のデザインには時代の流行があるため、あえて産毛が自然に残る形で照射を行っています。また、生え際も同様で産毛1cmを残した自然な形で照射を行っております。そうすることで、流行に合わせたデザインにすることができます!

後悔のない眉毛・生え際のデザイン

もみあげの照射も可能

他のクリニックで、もみあげの照射をお断りされた方が渋谷フェミークリニックでご契約されるケースもございます。渋谷フェミークリニックではもみあげも照射可能です。
薄い方には整える程度、濃い方はしっかり照射して自然な形になるようにしております。もみあげが綺麗に整うと、清潔感もアップするので素敵な仕上がりになります!

もみあげの照射も可能

顔の医療脱毛は渋谷フェミークリニックへ

今回は、30代・40代でも顔の医療脱毛を始めるべき理由について解説いたしました。
渋谷フェミークリニックでは、顔脱毛とシミや肝斑の治療を同時に行うことができます。また、デザインについても流行が変化しても問題ないよう自然な形をご提案しております。無料でカウンセリングを行っておりますので、お気軽にご来院ください。

顔の医療脱毛は渋谷フェミークリニックへ

このページの監修医師

渋谷フェミークリニック 院長 大庭 雅子
東海大学 医学部医学科卒業後、東京慈恵会医科大学病院 皮膚科入局、その後、都内皮膚科勤務を得て渋谷フェミークリニック院長に就任。