医療脱毛や永久脱毛という言葉をよく聞くと思いますが、その違いについて知っていますか?
それぞれの言葉についてよくわからないまま脱毛をしている、という方も多いかと思います。
医療脱毛と永久脱毛の違いについて、きちんと理解しておくことでご自身の納得いく脱毛効果を得ることができます。
そこで今回は医療脱毛と永久脱毛についてそれぞれ解説いたします。

医療脱毛と永久脱毛の違いは?

医療脱毛は、医療機関でのみ行える脱毛方法です。医療脱毛の種類は、ニードル脱毛やレーザー脱毛があり、毛の発毛組織を破壊することができます。破壊された発毛組織から毛が生えることはありません。
そして永久脱毛とは、長期間毛が生えてこない状態のことです。効果が強いため、医療機関において資格を持つ医師や看護師だけが認められた医療行為です。 通常、レーザーなどの光や熱を使って毛根を壊すことで行われます。このように医療脱毛には永久脱毛の効果があると言えます。

医療脱毛と永久脱毛の違いは?

永久脱毛とは永久に毛が生えてこない?

では、永久脱毛をすると永久に毛が生えてこないのでしょうか?
日本では明確な永久脱毛の定義がないため、アメリカの定義を参考にしています。
米国電気脱毛協会では「最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態」と定義づけています。
つまり、永久脱毛=完全に毛がない状態 ではないということです。

医療脱毛と永久脱毛の違いは?

医療脱毛の仕組み

多くのクリニックはレーザーによる脱毛を導入しております。
医療レーザー脱毛は、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応し毛の発毛組織を破壊します。そのため、白髪でなければレーザーによる脱毛が可能です。
毛周期の関係により1度の照射ですべての毛に効果を与えることは難しいため、何度か照射が必要になります。また、レーザーを照射したときの熱により痛みを感じる場合もありますが、我慢できるという方が多いです。痛みが心配な方には麻酔などで痛みを軽減する措置も可能です。
医療脱毛の効果について、詳しくはこちらをご覧ください。

医療脱毛の仕組み

医療脱毛とエステ脱毛の違い

脱毛にはエステサロンで行う光脱毛という方法もあります。
医療脱毛との違いを比較してみました!

医療脱毛
・医療機関でのみ行える
・永久脱毛の効果がある
・少ない回数で効果が実感できる
エステ脱毛
・エステサロンなどで行える
・永久脱毛の効果はない
・効果を実感できるまでに回数がかかる
などの違いがあります。
詳しくは医療脱毛とエステ光脱毛の違いのブログや動画をご覧ください。

医療脱毛はフェミークリニックへ

美容皮膚科 渋谷フェミークリニックでは、様々な取り組みを行っております。
少ない回数でより効果的な脱毛を提供できるように患者さまお一人おひとりの毛質や肌の状態に合わせた脱毛プランや脱毛機械をご提案させていただきます。
まずは、無料でカウンセリングを行っておりますので、ご不安なことがある方はお気軽にご相談ください。

医療脱毛は渋谷フェミークリニックへ

このページの監修医師

渋谷フェミークリニック 院長 大庭 雅子 東海大学 医学部医学科卒業後、東京慈恵会医科大学病院 皮膚科入局、その後、都内皮膚科勤務を得て渋谷フェミークリニック院長に就任。