アップスタイルをして、きれい!と思われる人の特徴って実は、うなじや襟足がスッキリしていることなんです!
うなじ脱毛をした患者さまは、皆様一気に垢ぬけた印象になります。
この記事では、うなじの形ごとの印象の違いや、気を付けることについて解説いたします!

うなじ脱毛の定番の形

クリニックでご提案しているうなじの定番な形はWM型、W型、U型があります。
ここではその3つの形の与える効果について解説いたします。

うなじの医療脱毛 W型

W型は日本人の女性に一番多い形で、左右対象の形に揃えて、後ろから見るとWのようになっている形のことを言います。
元々のうなじの形を大幅に変えたくない人に合っていて、産毛を整えることで、スッキリとした自然な首元になります。
元々女性はW型が多いため、似合う方も多いです。
W型は舞妓さんがよくやる形で、着物を着ることが多い方におすすめです。
うなじのデザインの中では、かわいい印象になります。

W型

こんな方におすすめ
・自然にしたい方
・清潔感を出したい方
・かわいい雰囲気にしたい方
・着物など和服をよく着る方

うなじの医療脱毛 WM型

WM型は、先ほどのW型の真ん中にM字型がある状態です。
両サイドの襟足を長くし、中央のMの部分を短めにすると綺麗に仕上がります。
首が細長くシャープに見えるため、上品な印象や大人っぽく見せたい方におすすめです。
W型同様に、着物や和服を着る機会が多い方におすすめです。

WM型

こんな方におすすめ
・上品にしたい方
・大人っぽくしたい方
・首をほっそり見せたい方
・着物など和服をよく着る方

うなじの医療脱毛 U型

U型は、アルファベットのUのような緩やかなカーブを描く形です。W型やWM型のとがった部分をなくすことで、親しみやすく柔らかな印象を与えます。
髪をアップする方に似合う形のため、ロングヘアの方におすすめです。
しかし、U型のカーブがきついと、幼い印象になってしまうため、やりすぎは注意が必要です。

U型

こんな方におすすめ
・こんな方におすすめ
・若々しくなりたい方
・やわらかい印象にしたい方
・親しみやすい印象にしたい方

うなじが希望の形にならないことも

うなじの形は、必ず希望通りになるとは限りません。
クリニックによっては、髪の生え際から少し離して照射するところや、形のオーダーをお断りするところもあります。また、元々のうなじの形から患者さまの希望の形にするのが難しい場合もございます。
そのため、事前にカウンセリングで確認することが大切です。

うなじが希望の形にならないことも

うなじ脱毛はしない方がいい?

「うなじの産毛をすべてなくし、ツルツルにしてしまい不自然になってしまった」、
「やりすぎて背中との境目がはっきりしてしまい、余計に目立ってしまった」という後悔をしているユーザーをネットの口コミ投稿で見受けることもあります。
これは値段の安さだけで選んでしまったり、クリニックの実績が少なかったり、看護師とのコミュニケーションが不足することによって起こります。後悔しないうなじの脱毛を行うためにも、クリニック選びは慎重に行いましょう。

うなじ脱毛はしない方がいい?

うなじ脱毛で当院が選ばれる理由

渋谷フェミークリニックでは、うなじのデザインが決まっていない方のご相談も承っております。うなじのデザインが決まったら、照射の前に写真を撮影し、患者さまに確認していただきます。照射ごとにデザインのバラつきが出ないよう、毎回撮った写真で丁寧に確認させていただいた後に施術を進めていきます。
また、日々勉強会を行っているため技術力の高い看護師が施術を行っています。そのため、照射が難しいと言われている、襟足の濃い毛への対応も可能です。

うなじ脱毛で当院が選ばれる理由

うなじの医療脱毛は渋谷フェミークリニックへ

今回は、うなじ脱毛で定番の形やうなじ脱毛で気を付けることについて解説いたしました。
渋谷フェミークリニックでは、患者さまの理想のうなじになるよう、患者さまとのデザイン確認と看護師の技術向上に努力を惜しみません。
無料でカウンセリングを行っておりますので、ご不安点などお気軽にご相談ください。

このページの監修医師

渋谷フェミークリニック 院長 大庭 雅子 東海大学 医学部医学科卒業後、東京慈恵会医科大学病院 皮膚科入局、その後、都内皮膚科勤務を得て渋谷フェミークリニック院長に就任。